堺屋太一さん著「豊臣秀長 -ある補佐役の生涯-」を読んだら会社で生き抜くために自分に足りないものに気づかされた




4月に入り、新社会人は新しい生活に期待と不安が入り混じっておられる方も多いのではないでしょうか?

もちろん、僕にもそんな時期はありました。

とにかく何をするにもはじめてのことばかりです。

失敗をして、最初から上司に目をつけられないよう必死でした。

「この会社で、はたして定年まで勤められるのだろうか?」

どちらかと言えば、期待よりは不安の方が大きかったです。

今でこそ、転職サイトもたくさんあって転職上等の時代になりましたが、当時は、まだ終身雇用の考え方が根強く定着していたからだと思います。

その頃に読んだ本ではありませんが、何かとストレスの多い会社で自分の立ち位置を見出せなかった自分に、リーマンとして大きく影響を受けた豊臣秀長の生き方を描いた本を今回ご紹介いたします。

 

豊臣秀長という戦国武将をご存じですか?

おそらく教科書には、豊臣姓は秀吉、秀次、秀頼しか載っていないと思います。

歴史好きでもない限り、あまりなじみの薄いちょっとマイナーな人物です。

豊臣秀長は、天下人の豊臣秀吉の弟で、大和郡山城116万石の所領を持つに至った武将です。

実は先日、郡山城址公園に行った際、むかし読んで感銘を受けたこの本のことを思い出しました。

当時、豊臣秀長を題材にしている本は珍しいと思い手に取ったのですが、冒頭の“はじめに”を立ち読みして、すっかり『つかみ』でつかまれてしまいました(笑)

著者の堺屋 太一さんの本は、これしか読んだことがないので、堺屋さんに関する知識は持ち合わせていませんが、さすが、大阪人と言ったところでしょうか。

この本の著者本人が、豊臣秀長に関心を持つようになった動機が何であったのか、覚えていないと言うなんとも心がざわめく起草です。

文章にも「ボケ」「ツッコミ」の要素が感じられて面白かったです。

 

「株式会社 秀吉」にコネ入社

秀長の組織での生き方は、現代の会社でも当てはまる。と思いました。

会社で例えれば、信長が親会社で秀吉は子会社です。

それも、吹けば飛ぶようなガレージ創業の会社に、秀長はコネ入社した格好になります。

実は、後世「人たらしの」異名を持つことになる兄、秀吉に頼みこまれて半ば強制的に巻き込まれたようです。

 

立身出世の代表格のような秀吉ですので、組織も成長の一途だったと思います。

当然、優秀な人材の獲得と、組織内のポジションの入れ替えはしなければなりません。

  • 社長がハンティングしてきた人が入社いきなり上役に抜擢、人事で心情を損ねて社員の反感を買ってしまい全員辞めさせてしまった!
  • 創業時のメンバーが、急激な成長と環境の変化についていけず、不満全開で去った!

 

なんて、成長過程のベンチャー企業にはありがちな話しですが、戦国時代に人員の総入れ替えしているようでは、命がいくらあっても足りません。

古参の家来を持つ大名には無縁の悩みも、秀吉にとってはこの手の気苦労は絶えなかったはずです。

今も昔もつまるところ、良い人材を確保することは悩みの種だったのではないでしょうか。

しかし、この裏方の重要な仕事を秀長がしていたのだと思います。

だからこそ秀吉は、表舞台だけに集中ですることがきたのでしょう。

秀吉は、案件をガンガン取り込んで、ポイポイ秀長に送り付ける無茶ぶりもしていたと思います。

 

秀吉は最高の上司

リーマン人生で、僕は上司には恵まれなかったと思っていますし、僕自身も良い上司ではなかったという自覚があります。

「人を利用し蹴落として、結果を手にする」

そんな世界でした。

とは言っても、東京本社にいる社長や、上層部の言うことは絶対順守ですから中間管理職は、上から下へ受け流すのもある意味リーマンとしてはやむ得ないことだとは思います。

信長と秀吉の上下関係も同じだったのではないでしょうか?

しかし秀吉は、単なる信長のイエスマンではありませんでした。

黒田官兵衛が裏切ったと疑われた折り、処刑の命令に背いて息子の長政をかくまったり、対上杉戦では柴田勝家と折り合いが悪く勝手に戦線を離脱するという軍旗違反も犯しています。

実際には、竹中半兵衛が密かに長政をかくまったことになっていますが、上司だった秀吉が知らなかったはずがありません。

それは、秀吉お得意の体裁だと思います。

信長の命に逆らうことは、死に直結しかねません。

しかも、軍機違反は信長でなくても死を覚悟しなければならない危険な行為です。

いくら信長のさじ加減を熟知していた秀吉でも、怖かったと思います。

普通恐ろしくて、僕ならそこまで部下をかばえませんし、例え社長の意向が間違っていると思っても逆らうことはできないです。

そういう意味では、相当な度量と気骨のある人物だと思わずにはいられません。

さらに秀吉は、出世をしても富の再配分をしています。

秀吉は、皆と一緒に階段を上がるタイプで組織の成長期は人を大切にしていたのだと分かります。

 

秀吉は生涯秀長をナンバー2として重用

秀吉が天下人になってからは、政権の運営を官僚が取り仕切る組織に様変わりさせました。

秀吉の地位が脅かされないことや、文治政治の世を推し進めるのが目的だったと言われています。

自ら育成した人材を登用しているので、秀吉の頭の中ではずいぶん早い段階から構想を練っていたのでしょう。

そこには名参謀の黒田官兵衛さえいませんでした。

堺屋太一さんは豊臣秀長のことを、最も有能な補佐役、それ以外は望まない人と評しています。

秀長が亡くなったとき、秀吉が片腕をなくしたとまで言っています。

 

もし豊臣秀長が、兄、秀吉と同じ歳まで生きたら歴史は変わっていた

歴史に「もしも~だったら」は、戯言ですが、ちょっと妄想してみました。

秀吉は62歳、秀長は52歳の若さで亡くなっています。

あと10年秀長が長く生きたら、歴史は変わっていたと思います。

なぜなら江戸幕府不成立の可能性が高いからです。

その理由としては、

  1. 天下分け目の関ケ原は、間違いなく起こってはいない。
  2. たとえ関ケ原があったとしても加藤清正、福島正則ら豊臣恩顧の大名が徳川につくことはまず無い。
  3. 豊臣秀次が、切腹しなければならない事態を回避できた可能性大。
  4. 大友宗麟が大阪城を訪れた際に、「内々のことは利休に、公の事は私秀長に相談せよ」と秀長自身が語るほど、利休と秀長の関係は良好だったので千利休の切腹はなかった。

 

その他にも、北政所も家康よりの静観するとはとても思えませんし、2回にわたる朝鮮出兵も2度目は阻止できた可能性が高いので、求心力の低下も防げたのではないでしょうか。

結果的に組織の支柱だった秀長亡き後、秀吉の暴走が始まり急速に組織の瓦解も始まっています。

戦略巧者の徳川家康に豊臣政権下の組織内の人間関係のまずさを、うまく利用されてしまいましました。

もし秀長の存在があれば、忠義心が強く、ただ協調性に欠ける石田三成が、家康に焚き付けられて「家康憎し」と、まんまと導火線に仕立て上げられることも無かったはずです。

それに、豊臣秀次、千利休が生きていれば家康よりも、必ず秀長の力になっていたはずです。

終始秀吉の優秀な補佐役だっただけに、どんなに悪い状況下でも修正できたでしょうし、そもそも家康に付け入るスキは与えなかったでしょう。

 

誰も傷つけずそれでいて最高の結果を手に入れた人/まとめ

組織における豊臣秀長の役割は、将でもなく参謀でもありません。

会社だと社長でもなく、ブレインにも当てはまりません。

しかし秀長の握った権限、功績は非常に大きいです。

トップからも、周囲の人たちからも権限を持つことを望まれた人だったのでしょう。

この本からは、「太閤の弟」という途方もなく有利な血縁があったとしても、縁だけで出世した訳ではないのがよく分かります。

しかも創業時からの古株で、専務など役職を歴任するころになると、あぐらをかいたりしがちですが逆に高潔な生き方をしています。

何よりも自らの名前を高めようとすることがなく、すべての欲を欲しないカッコいい生き方をしています。

そんな事を考えながら、秀長の痕跡が残る大和郡山城やその付近を、散策してみるのも楽しいものですよ。

 

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。