正直クソ社畜だった!会社の指示に逆らえず下請けを見殺しにしてしまった過去

sutulo / Pixabay




最近、ちょこちょこ連ドラを観ていているシンイチです。

今は、下町ロケットがおもしろいですね。

1作目の再放送を一気に視聴して、テレビ局の思惑にまんまとハマりました(笑)

現在、2作目の4話を終わったところですが、登場人物の中に僕も同じような経験をして感情移入せずにはいられない人がいます。

その人物は、ギアゴーストの伊丹社長。

帝国重工でのサラリーマン時代、上司の意向に逆らえずいくつもの下請けを切って、その時のわだかまりを持ち続けている人です。

結局、才能があるのにも関わらず、出る杭を打たれて会社を辞めてしまいます。

ところが、起業してわずか5年で年商100憶の会社の社長となって登場。

今のところ、このギアゴーストが買収のターゲットになっていまい伊丹社長のピンチが続いています。

窮地に追い込まれるたび、昔の下請け切りのトラウマが蘇る伊丹社長。

それを見ていると、僕も心に引っかかっているやるせない過去を思い出して辛くなるのです。

 

大口顧客から取引停止される恐怖

大口顧客に取引を停止されたら・・・

大なり小なりどの会社も、大口顧客と取引が無くなったら経営が圧迫するのは目に見えています。

僕自身、営業をしていて大口の顧客に依存していただけに考えただけでもおぞましいです。

リスク回避するため、売上が偏らないように分散するのがセオリーですが、現実はそんなにうまくはいきません。

連鎖倒産が後を絶たない現状を見ても、売上を維持するだけで必死の会社も多いのではないでしょうか。

僕が担当していた顧客も、ネームバリューのある大会社に依存しきっていた会社はたくさんありました。

 

逆らえなかった会社の方針

勤めていた会社は、佃製作所のような精密部品ではありませんがモノづくりもしていました。

ただ佃製作所と決定的に違うところは、生産拠点が中国にあったことです。

一旦、ラインに乗せれば大量生産はお手の物でしたが、ラインに乗せるまでが大変です。

なにせ、日本の常識は中国からすると非常識なのですから取り扱いが難しすぎます。

会社の仕入れ比率は、国内3に対して海外7くらいの割合でしたが、ある時期に中国自社工場の稼働率と利益率を追求するため国内仕入れの見直しが始まりました。

外注を自社にシフトするメリットは容易に理解できますが、これを行うと倒産する会社が出てくる恐れがあります。

取引停止ではありませんので、いきなりゼロになることはありませんでしたが、それでも仕入れが1/3にまで減ったところは実際ありました。

100%うちの会社都合です。

長い付き合いの下請けに、ぶっちゃけそのまま言えるはずがありません。

ある町工場の社長からは、何とかして欲しいと何度も頭を下げられましたが、どうすることもできませんでした。

 

因果応報。罰が下ったかのようなトラブル発生

十数年前になります。

国内仕入れを海外の自社工場にシフトしたことにより、僕のリーマン人生最大のピンチが訪れたのです。

今思うと、確かに無理して受注した案件でしたが、ケチが付きだすと何をしても裏目に出てドツボにハマって大炎上してしまいました。

海外にシフトするデメリットは、トラブルがあった際にリアルタイムに微調整の対応ができないことです。

それは、最初から分かっていたことでしたので、トラブル発生時に国内の下請業者で生産変更できるように本社に何度も掛け合っています。

しかし、今さら生産を変更するとなると確実に赤字です。

当然、許可が下りませんでした。

先方からも、試作のダメ出しや品質もそぐわないと言われ納期も迫ってきます。

そのうちに、抜き差しならない状態に陥りました。

こんな悪夢の日々が3ヵ月も続くことになるのです。

そのあいだ、土日も出勤して対応に追われていましたし、一部の社員も巻き込んでしまいました。

当時、あまりの炎上ぶりに、僕に関わると「火が燃え移るぞ」だとか「不運が移る」と噂されたほどです。

少し笑えたのは、その間、支店長は僕に一切近づいてきませんでした。

本当に現金なヤツです(笑)

 

町工場の社長の死

やっと大阪の下請工場での生産許可が下りましたが、その時にはすべてが遅すぎました。

3ヵ月、右往左往していたことを、たった1週間そこらで出来るはずがありません。

とは言え、ペナルティを何とか回避しなければならないので、下請工場の社長にもずいぶん迷惑をかけてしまっています。

ただ、ここでも時間が無く、すんなりとは行かなかったのです。

そして2度、試作のやり直しをしています。

この時の行程は、まさにサーカスの綱渡り状態でした。

土曜日に、修正した元型を下請工場に持ち込み、月曜日に試作を引き渡して欲しいという無茶をお願いしています。

そして、僕にとって忘れられない日が来ました。

月曜日の早朝7時過ぎに、1本の電話が会社入ったのです。

声の主は上司だったのですが、下請工場の社長が昨夜亡くなったというのです。

この時、頭の中が真っ白になって言葉が出ませんでした。

上司からは、とにかく元型は返却してもらわなければならないので、朝一番工場に向かうように指示されました。

 

社長の死を機に工場は廃業

2日前、元気だった社長がなぜ!?

とにかく死因が気になっていました。

まだ、60歳前後でしたし、持病があるとも聞いていなかったので自殺ではないかと思っていたからです。

しかし、死因はどうやら、車の運転中に発作が起きての突然死のようでした。

事故自体は、物損でたいしたことはなかったようでしたので、車を運転していなくても恐らく同じ結果になっていただろうということです。

あとで知ることになるのですが、僕が思っていたより経営状態が悪く会社の存続を図っていたようですが、結局、断念してしまいました。

これは間違いなく、うちの会社のせいです。

やはり、仕事が社長の死期を早めたような気がしてなりません。

この社長からも何度も頭を下げられ、どうすることも出来なかった罪悪感に、今なお思い出しては例えようのない気持ちになってしまいます。

 

トラブル続きの案件の末路

その後、顧客からも呼び出されては「信用が無くなる。どうにかしろ!」だとか「うちの会社を潰す気か!」と怒鳴られたりして修羅場は何度もありました。

ただ、僕の中では、下請社長の死で全てはかすんで見えていました。

納期を稼ぐために、一括納品を分割にできるように先方も動いてくれたましたので、ペナルティだけは免れましたが当然その顧客とはその後疎遠です。

長期に渡り、この案件に相当追い詰められていましたので、いろいろあり過ぎて僕自身も胃潰瘍や体力的にも消耗しきってしばらく抜け殻でした。

おまけにコスト的にも、社内の人員を動かしたり徹夜など、数字には表れない部分を考えると大赤字です。

厄年でもないのに、厄除けに行ったくらいです。

 

本当の社畜とはボクのような、ろくでなしのことを言う/まとめ

僕は、社畜というこの言葉が嫌いです。

会社の意向に逆らえず、汚いこともしてきた自分のことを言われているようで吐き気がします。

この1年、いろんな人のブログを読むようになって驚いたことは、自分のことを社畜と呼ぶ人の多いこと。

まだ、会社に在籍中にも関わらず、自らのことを社畜とさげすむ人もいる始末です。

おそらく会社に属していると、飼いならされてしまい少なからず奴隷的な感覚になるでしょう。

下町ロケットの佃製作所の社長のような清廉潔癖な経営者のもとで働いていれば、社員が一つの方向にまとまって無用な生存競争も無いのかもしれませんが、そのような会社は本当に少ないと思います。

弱肉強食、生き残りをかけてほとんどの会社では、少なからず周囲の人をキズつけなければ生きていけないのかもしれません。

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。