社内恋愛は蜜の味5選!?会社はSNSをチェックしているので気をつけろ




ダメだと言われると余計にしたくなる社内恋愛。

僕が勤めていた会社は、就業規則で「社内恋愛禁止」を規定していた訳ではありませんでしたが、暗に社内恋愛については否定的でした。

なので、皆隠れて社内恋愛をしていました。

ただ、本人たちは上手くやっているつもりでも、文春砲のようなおばはん連中がいてうわさになってしまい、知らないのは本人だけという恐ろしい状況も知っています。

確かにバレると、その後は厳しいです。

会社に居づらくなり女性の方が辞めてしまったり、男性も会社から信用がなくなってその後の出世にも影響しかねません。

それでも絶えない社内恋愛。

怖いもの見たさと言うべきなのでしょうか?

チャレンジ精神旺盛というべきなのでしょうか?

ハードルが高くなるほど、恋も燃えるのでしょうね。

僕が勤めていた会社でも何人も、そんな人を見てきましたが、結論から言うと社内恋愛NGの会社では、ハイリスクなのでしない方が賢明です。

 

彼女がしっかり者だと社内恋愛もうまくいく

部下M
課長に謝らないといけないことがあるのですが。
シンイチ
改まって、どうしたん?
部下M
実は、○○課のF田さんと結婚することになりまして・・
シンイチ
F田さん?うちの会社の?
部下M
そうです。お付き合いしていた時は、会社には知られたくなかったので課長にも欺瞞(ギマン)の恋愛ばなしをしていました。
シンイチ
え!? 今まで聞いてた話しウソやったん?
部下M
すいません。

 

シンイチ
別にいいよ。とにかくおめでとう!

F田さん、かなりしっかり者やで。尻に敷かれるなよ。

シンイチ
ところで、話し変わるけど支店長にはもう話をしてるの?
部下M
いえ、これからです。 結婚式のこともあるし、どう言えば良いか悩んでいるのですが・・

 

シンイチ
まあ、そのまま言うしかないやろ。

 

今まで、ウソの恋愛ばなしを聞かされていたと思うといい気がしませんが、事情も分かります。

それにたとえ、本当のところを聞かされていてもこちらが気を使いますし、むしろ騙されている方が良かったと思いました。

 

この部下、なかなか甘いマスクをしていて、いい男です。

物腰も低く、見た目通り性格も優しいのだと思います。

お相手の彼女は、彼より数年入社が早く誰もが認める仕事がデキる社員でしたが、彼女も、彼の人柄に惹かれたのでしょう。

支店に、はびこる悪魔のような姑、小姑みたいな人たちとも上手くやっているようで、僕は仕事ぶりを垣間見たことがないですが、支店長も一目置く人材でした。

おそらくこの会社で、社内恋愛を成就させるために彼女は何かと気を配っていたに違いありません。

そう思うと、彼の言動一つ一つに彼女の影が見えて、すでに尻に敷かれているのだなと思うとおかしかったです。

 

元同僚の禁断の恋

この2人の結婚式の2次会で、数年ぶりに元同僚と再会したのですが、彼の奥さんを見て死ぬほど驚きました。

元下請けの会社の、女性社長だったからです。

この会社には、僕もよく出入りしていましたし、結婚して子供が出来たことも知っていましたが、まさか同僚の子供だったとは思いもしませんでした。

同僚は、とにかく仕事がデキて性格もいいヤツです。

彼は、僕よりも2歳年下でしたが、人間の器の大きさが違いすぎます。

会社では、上からも下からも誰一人、彼の悪口を聞いたことがありませんし、顧客からも担当を変えないで欲しいと要望があるほど人気がありました。

もちろん、彼自身からも人の悪口は聞いたことはありません。

中性的とかではなく、むしろ男気があって一癖も二癖もある顧客の社長からも、信頼を得ていました。

昇進も彼は、駆け上がっていきました。

最期の方は、彼の昇進に合わせて僕も昇進していましたので、僕の方はついでだったと思います。

一緒につるんでいて、彼に引き上げてもらったと思っています。

 

同世代ということもあって、仕事以外の話もよくしました。

たまに仕事帰りに飲みにも行きましたが、「三国志」の話になるとスイッチ入ってしまい盛り上がりすぎて怖くなります。

お互い関羽が好きで・・・笑

ありがちですが、三国志は原作ではなく横山光輝さんの漫画の方です。

たぶん、僕ら世代の男子の王道だと思います。

また、昔「キャプテン」という野球漫画があったのですが、泣けるツボも同じでした。

強敵、青葉学院との対決に向けて、体中、傷だらけになるような猛特訓を、谷口はキャプテンとしてメンバーに課すのですが、それに反発したメンバーが抗議に自宅に行くシーンは何度観ても最高に泣けます。

この一話だけで一時間は、話していたと思います。

もちろんその時も、泣いていたと思います。笑

 

そんな彼が十数年勤めていた会社を、なぜ去ったのか。

会社の体質のことなど、うんざりしていたと思いますが、何となく分かったような気がします。

その女性社長が経営する会社から、取引を辞めたいと申し出があったときも、当時はなぜ?と思っていましたがこれでつながりました。

個人的には、もう少し彼と一緒に仕事がしたかったのが本音です。

社内恋愛ではありませんが、取引先の社長と付き合うのは、究極の禁断の恋ですよね。

 

ラインでバレた同棲

パート女性のAさんが退社した翌日、引き継がれた仕事の件で、聞きたいことがありAさんの携帯に電話したのがきっかけでした。

引き継ぐ時間が、あまりなかったので連絡取れるようにと、あらかじめ彼女に個人の携帯番号を教えてもらっていました。

連絡をとった夜、帰宅途中にラインを見ると、Aさんが僕の携帯番号を登録したらしく「友だち」画面に彼女のアイコンがアップされていたのですが、画像を見て驚きました。

バスケアニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』の登場人物、流川楓のユニフォームを着ている後姿だったのですが、見た瞬間ピーンときました。

1年前に、入社1年くらいで退社した男性社員B君のアイコンと瓜二つなのです。

彼の携帯番号は、登録したままになっていましたので、確認すると同じ部屋で写しているようで背景も同じでした。

そして、まだ会社にいた頃の、B君の話を思い出しました。

大学時代から付き合っていた彼女がいて、結婚前提で両家の御両親にも挨拶をすませたうえで、同棲を始めたという話です。

いざ、同棲をはじめてみるとお互いの価値観の違いに、B君は半年の間に8kg体重が落ちたといいます。

中でも「お風呂に毛が浮いていたらダメ事件」が、彼にとって決定的なことのようでした。

彼が入浴後に湯船に毛が浮いていたらしいのですが、彼女はそれが許せなかったようで、それを指摘されたB君の心は、これで折れたようです。

 

この話は、忘年会だったと思うのですが、お酒の席で彼がカミングアウトして、話を聞いていた会社の人たちの中で論争に発展したのでよく覚えています。

B君は、入浴前にちゃんと体を洗っていると強調していましたが、上司から

「今どきの若い人は、銭湯でもお風呂に入る前に体を洗わずに、ダイレクトに入る非常識な奴がいる」

だとか

「お風呂上りに、毛が浮いていないかチェックしなければならないの?」

だとか、

女の子のいるお父さん方は

「そんなこと当たり前やん。

などなど、いじられて盛り上がっていました。

へぇ~、こんなことでと僕は思いましたが、B君はその後、彼女と別れたようです。

彼女の母親からは、考え直せないかと言われたようですが、育った環境も違い過ぎるようなのでこれからのことを考えると難しいと断ったと言います。  

 

おそらくその場に、Aさんもいたと思います。

もしかすると、この忘年会のあとB君はAさんを口説いたのかもしれません。

僕は、二人とも親しかったわけでもありませんでしたので、実はよく知りません。

すでにお互い、会社は辞めているのでその後も無いのですが、ラインのアイコンからは今も彼らの子供の成長過程が伺えます。

 

婚期を焦る部下

僕が京都にいた頃、十数年前の営業アシスタントのHさんの話です。

当時、彼女は年の頃25、26歳くらいで、結婚願望が強く遠距離恋愛中の彼氏がいましたが、婚期を焦っていたと思います。

東京にいる彼に会いに行くため、週末になると京都駅に直行できるよう、キャリーバックでよく出社をしていました。足しげく通っていたので、一人暮らしでよく交通費があるものだなあと思ったものです。

彼女は、社員でしたので会社側は店内に来客する顧客の営業をさせたかったようですが、僕は、もう少し経験を積ませてからの方がいいと思い、営業補佐として使っていました。

資料の作成などの処理能力が素晴らしく高く、頭の回転の速い子でしたので早いうちに役職もつくのではと思っていました。

 

ところが、入社して四年目のある日、結婚前提でお付き合いする人が出来たので、退社したいと相談されてしまったのです。

この頃、東京の彼とは破局していてフリーだと思っていたのですが、突然の申し出に驚きました。

「結婚しても、会社を辞めることないのでは?」とも言いましたが、場所が地方でそこにはうちの支店も無いとのことでしたので、その後1ヵ月ほどであっさり退社していきました。

心中は、3年育成してこれからだと言うのに、大ショックでしたが、女性の結婚退職は想定しておかなければいけないことですので、こればかりは仕方ありません。

 

それから、2年後のある日、本社から上層部が大阪に来た際、このHさんが、今何をしているのか尋ねられました。

「いきなり何?」とは思いましたが、知らなかったのでそう答えると、上司は他言無用ということで教えてくれたのですが、知らなかった方が良かったです。

どうやら、大阪で1年前まで勤務していた男性社員が、時間外労働で会社を訴えていたらしく、何やらややこしいことになっているようでした。

もちろん、僕もよく知る社員で数年働いていたと思いますが、線の細いイメージの男性でしたので、その行動が意外に思えました。

会社は、元社員の身辺を調査していたようで、SNSからHさんと一緒に写っているごく最近撮影されたであろう写真を数枚みせられ、ショックが大きかったです。

Hさんが退社する以前から、この元男性社員と付き合いがあったようで、どこからの情報かは分かりませんが、本社は相当詳しく把握していたようでした。

そのうえで、僕が本当に知らなかったのか、探りを入れられていたのです。

 

Hさんが働いていた当時、うるさい本社に潰されないよう、彼女の知らないところで怒られたことも何度もありましたし、退社時間もできるだけ早く帰らせていました。

それでも、19時ですが彼女が働きやすいように、僕の出来るだけのことはしたと思っています。

彼女も、仕事で応えてくれていると思っていたのですが、違ったんですね。

 

誰と付き合おうと構いませんが、ウソをついて辞めることはないのでは?

と言いたいです。

地方に行くのでと辞めていったのに、大阪のそれも職場の目と鼻の先に住んでいるのだから、腹も立ちます。

その後、風の便りでこの2人は別れたようなのですが、くだらない男に引っかかってしまったんだろうと思っています。

  

SNSで会社とトラブルにならないために/まとめ

 以前、大阪で働いていた女性社員が、「天井がグルグル回っているような感じになる」と連絡があって1ヵ月程、会社を休んだことがありました。

そうです。会社の一番嫌がるやつです。

この時も、本社はSNSでつぶさに彼女の動向を注視しています。

自宅から、全く出れない状態と連絡が入っていたのですが、友人の結婚式の二次会には出席していたようで、コメントもすべてチェックされていました。

ただ、結婚式の二次会だけでしたら、無理をしてでも出席しないといけないだろうということで良かったのですが、その後に、泊りの旅行先での写真とコメントで一発アウトになりました。

もちろん、社会人としてあるまじき行為ですが、この出来事は僕が思っている以上に会社に監視されているという実感がありました。

恋愛していたら、ついつい気持ちが緩んで書き込みをしてしまうことは、誰でもあることだと思います。

常に企業が、SNSをチェックしている訳ではないと思いますが、少なくても問題が発生した時は、情報収集に活用されると思って注意しておくべきでしょう。

 

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。