母が数日情緒不安定に!在宅で減薬に取り組む際のリスク・注意点




近頃、たくさんの薬を服用することによって起こる副作用が取り沙汰されているので、減薬を検討されている方もおられるかと思います。

母も、たくさんの薬を服用しているので、胃や食道の炎症を抑えるための薬を服用しています。

まさしく、薬を飲むために薬を飲むと言った感じです。

今回は、3年減薬に取り組んできて感じたことや注意点などまとめましたので参考にしてみてください。

 

この記事を書くきっかけとなった出来事

半月ほど前、突然、母が支離滅裂なことを言い出して4~5日大変でした。

母の様子に違和感を覚えたのは、入れ歯を取って欲しいと夜中に起こされたのが最初です。

洗浄するのを忘れたのかもと思い、口の中を確認するも無かったのですが、有ると言い張る母に少し様子がおかしいとは思っていました。

それが2~3日も経つと、ここはどこ?私は誰?状態です。

 

この感じ、要介護のきっかけとなった低ナトリウム血症の初期症状に似ていて10年前の悪夢が脳裏をよぎったくらいです。

あの時は、半年のあいだ色々ありすぎて身も心もボロボロ。

僕の人生の中でも、あんなに酷い目に合ったのは間違いなく断トツ1位です。

幸い、今回は低ナトリウム血症ではなく減薬が原因だったのですが、薬って怖いなあと思った出来事でした。

 

自己調整は危険!減薬は必ず主治医の指導のもとで

ちなみに、原因の薬はテグレトール錠。

1日2錠から1錠に減らしただけなのに、たった4~5日で目がギラギラ、いつも無口で物静かな母がしゃべる、しゃべる、しゃべる・・・

「これから東京に出張に行くのか?」

だとか、

「ここはどこの病院なのか?」

だとか、

「南無阿弥陀仏・・・」

挙句に、夜中にお経を唱える始末です。

 

ピーク時は、情緒不安定なうえに手足がガクガク、頬あたりもヒクヒクけいれんしていて身体にも異常が見受けられました。

このまま暴走していけば、またけいれん発作を引き起こして後遺症が残るのではとめちゃめちゃ怖かったです。

 

今回、大事に至らなかったのは在宅医の対処が早かったことに尽きます。

ひとえに在宅医のおかげですが、日頃から病状、体質、処方の内容、依存の程度、普段の様子まで把握してくださっているからこそすぐに対処できたのだと思います。

何かあったときに、家族では到底対処できるものではないので、必ず、医師の指導のもとで減薬や断薬を行ってください。

 

減薬は一長一短にはいかない地道な作業

僕が、在宅医に減薬をお願いして3年。

必要な薬とそうでないものを見極めるために、1つずつ減らして様子を見ながらボチボチやっています。

母の減薬は、痛め止め、内科、睡眠薬、神経内科の薬という順に行われていて、現在は最終段階といったところでしょうか。

骨折やポート感染で、トラブル度に中断していることもあってまだ減薬の途中なのですが、それにしても薬をやめることがこんなに時間と根気が必要だなんて思いもしませんでした。

特に、神経内科で処方されていた薬は、離脱症状に注意しなければならないので相当地道な作業をしなければ減薬できないというのが実感です。

 

その甲斐(在宅医の尽力)あって、1日40錠ほど服用していた薬は今では25錠です。

薬の種類も、18種類あったのが11種類になっています。

 

高齢者の睡眠薬の服用には気をつけて!!

僕は、不眠症の経験があるので、眠れない人の気持ちが多少なりとも分かります。

あれって、仕事があるので寝なければと思えば思うほど、プレッシャーを感じて目が冴えるんですよね。

一晩中いろんな葛藤をしているので、朝を迎える頃には疲れと脱力感しかなく寝る前よりも疲れている僕がそこにいます。

それでも、仕事に行かなければならない日々は厳しかったです。

 

このようなつらい経験があるので、夜眠れないと訴える母に良かれと思い、在宅医にお願いして睡眠薬を処方していただいています。

後で知ったことですが、睡眠薬のなかには高齢者が服用すると、足元がふらついて転びやすくなったり、意識がぼんやりする症状が出るものがあるらしく注意した方が良さそうです。

母も大腿骨骨折したとき、朝起きて台所にいく途中にふらついて転んでいるので、もしかすると睡眠薬の影響があったのかもしれません。

それに、1種類だった睡眠薬がいつの間にか2種類に。

毎日服用しているせいか、効果が実感しにくくなっているのだと思います。

どんどん増えてしまって切りがないので、どこかでセーブが必要でしょう。

現在は、在宅医と相談して2種類のうちの1種を徐々に減らして週に1~2回服用させています。

 

気負わず整理する心づもりで

極力、薬には頼りたくはないと思うのは僕だけではないと思いますが、高齢者の場合は断薬を目標にする必要はないと思います。

長年服用してきた薬の断薬や減薬は、大きなリスクが伴いますし高齢の親が自身で薬の管理をするのは困難だからです。

それに、飲まざるを得ないという事もあると思います。

母の減薬も、今回の一件を機に一旦完了にしようとかと考えています。

おわりに、母が情緒不安定になっている間、少し熱がありました。

このコロナ鍋です。

在宅医も訪問看護師も、念のため防護服を着て完全防備で対応にあたってくださって本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。