職場での逃酒のススメ!「不倫」「アルハラ」「急性アル中」には要注意




こんにちは、シンイチです。

長くサラリーマンをしていると、お酒の席での失敗やエピソードは結構持っています。

失言で長年築いた信頼を一夜で失った人や、飲酒運転で左遷され人生が変わってしまった人もいました。

お酒は、1つ間違うと人生そのものが狂いかねません。

今回は、僕が経験したことや身の回りで起きたことをご紹介させていただきます。

 

泥酔状態の人をターゲットにする犯罪者

僕が、若かりし頃の失敗です。

忘年会のあと、二次会で飲みすぎて道端で力尽きて眠ってしまったことがありました。

夜中、警察官に起こされ気付くと、カバンがなくなっているではありませんか!

財布、免許証、携帯すべてカバンの中です。

しかも、こんな時に限って財布に5万円ほど入っていました。

立ち去る警察官を追いかけ、事情を説明。

カードを止めるために派出所で電話を借りたのですが、すでに30万円ほど被害に遭っていました。

その場で、被害届を出したので被害額を支払わなくて済んだのがせめてもの救いです。

このとき、警察官のポケットマネーで千円借りています。

自宅に帰るお金すらなかったので、本当に情けなかったです。

携帯の電話番号もバックアップしていませんでしたし、本当に踏んだり蹴ったりでした。

 

この時の教訓は、泥酔状態の人を狙っている犯罪者がいるということ。

警察官から、「被害届を出してもこの手の犯罪は捕まえられないよ!」と言われたのを覚えています。

確かに、犯行が計画的です。

僕が眠り込んでいた1時間半ほどで3回に分けて、しかもそれぞれ違うお店でクレジットカードが切られている手の込みよう。

常習性がうかがえます。

その金額も、1件目が25万円、2件目が8万円、3件目が1万円と周到性もうかがえます。

警察が、捜査しないレベルの犯罪と見透かした確信犯です。

僕が、被害に遭ったのは大阪キタですが、飲み屋の多い歓楽街は特に要注意です。

いつどこで狙われているか分かりませんよ。

 

会社が顧客とお酒の場を持つことをNGにする理由

僕のいた会社は、お酒については世間よりシビアだったと思います。

純粋に、プライベートで楽しむお酒は何の問題もありませんが、顧客との癒着を極端に嫌う会社でしたので、お酒の接待は厳禁でした。

おそらく、お酒の縁で人間関係が濃くなり、仕事上の付き合いから個人的なつきあいに変わって、過去に便宜を図ったり引き抜かれたりしていたからでしょう。

僕的には、顧客からお酒のお誘いを受けても、会社の方針という大義名分があるので断りやすくて助かっていたのですが(笑)

ただ、長年に渡り担当している顧客の忘年会や新年会ともなると、さすがに断りづらかったです。

なので、出席したものもあります。

こういう時に限って、一番知られたくない上司の耳に入るものです。

しっかり上層部にチクられたこともありました。

この時は、おとがめはありませんでしたが、直属の上司に迷惑をかけて罰が悪かったです。

 

不倫のきっかけは職場の飲み会

不倫など、男女のいかがわしい関係のきっかけになるのも職場の飲み会です。

当然ですが、一旦、バレると恐ろしいことになります。

この手の話は、広がるのも早く普段あまり知らない人でも、あっと言う間に有名人です。

社内を飛び越え、出入り業者まで知っていたことがあって笑えました。

これだけ広まると、あちらこちらで目撃情報が出てきます。

驚いたことに、会社の近くのラブホから出てきたところも、目撃されているのですから悪いことはできないものです。

しかも、会社の最寄り駅のエリア内というのだから大胆さに呆れます。

 

それに過去に口説かれて黙っていた人も、ここぞとばかりに口が開きだします。

ある既婚男性が、飲み会で口説いた手口の詳細が公開されていたこともありました。

メール交換したあと、途中で帰るそうですが、すぐに「飲みなおそう」とまだ飲み会にいる彼女を誘いだすのだそうです。

家庭があるで、帰宅時間を計算しているのでしょう。

女性の立場からは、上司だし無下に断ることもできず困ったと言っていましたが、何度も入るお誘いメールにウンザリしたとのこと。

とにかく、酒癖が悪いうえにしつこくてサイテーと言っていました。

未遂で終われば、こういった話もお酒の席のネタにされるので本当に怖いですね。

一番恐ろしいことは、不倫を知られていないと思っているのは当事者の2人だけだということです。

 

暗にお酒を強要してくるアルハラ上司

「アルハラ」とはアルコール・ハラスメントの略です。

東京本社に出張で行くと、決まってお酒のお誘いをしてくる上司がいて困っていました。

つがれたビールや焼酎を飲み干さなければならないという、暗に「イッキ飲み」を強要するアルハラ上司です。

僕自身、記憶が飛んで道端でうずくまっていたこともあります。

完全に体育会系のノリで、正直関わりたくなかったです。

「お前は、学生か!」

立場が逆でしたら、一喝したいところです。

せっかくの東京。

土曜日に散策して日曜日にゆっくり帰ろうと計画していたのに、朝方まで連れまわされてボロボロにされ、命からがら自宅に帰ったのが土曜の朝11時だったこともあります。

当然、帰路の新幹線でダウンです。

命の危険を感じるほど飲まされるので、本当に嫌でした。

「そんなの断ればいい」と思われるかもしれませんが、本社の営業部長ともなるとなかなか上手な断り方が思いつかなかったです。

 

急性アルコール中毒になった新人女性

職場で新人歓迎会があるこの時期、僕には忘れられない一夜を過ごしたことがあります。

飲みすぎた新人が急性アルコール中毒になってしまって、救急車を呼ばないといけない事態になってしまったのです。

歓迎会といっても、居酒屋でお酒を飲みながら交流を深めるだけなのですが、雰囲気に飲まれてつい飲みすぎてしまったのでしょう。

お開きの頃には、完全につぶれていました。

分かれたあと、同僚2人で飲みなおしていると、介抱していた部下からSOSの連絡が入ったので、すぐに救急車を呼ぶように伝え、現場に向かいました。

 

自分のお酒のキャパを、把握できていない若い頃によくある失敗です。

大学生の「イッキ飲み」による死亡事故が、毎年報じられているので気を付けてはいたのですが・・・

彼女は、先輩や上司にお酒をついで、その際の返杯を飲んでいました。

この時のメンバーもたいしてお酒が飲める人もいなかったので、強要はしていなかったはずです。

おそらく、「お酒は強いので大丈夫です」の一言でみんな安心していたのだと思います。

幸い、病院で何度か嗚咽したあと点滴をしてもらい、朝方タクシーで自宅前まで送って事なきを得ましたが、救急車に乗り込んだ時はヒヤヒヤでした。

 

お酒は適正飲酒で楽しく飲もう/まとめ

会社の忘年会などの飲み会や、そこで勧められるお酒は断りづらいものです。

それに、無礼講と言っても、そこは職場の宴席。

失言をしてしまい、激しく後悔している人も多いと思います。

お酒による失敗は、大目に見られることもありますが、その代償は大きいです。

それに、急性アルコール中毒での飲酒死亡事故を起こしてしまったなんてことになると取り返しがつきません。

若い人には、自身の適量を把握させて、身を守る飲み方を知ってもらうこと。

お酒をセーブする上手な断り方も教えておくに限ります。

 

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。