お母ちゃんが喜んだジャパネットたかたの「ドライミングクール敷きパッド」!介護の現場でも使える機能性




こんにちは、この猛暑で夏バテ気味のシンイチです。

今年は、梅雨入りが遅く比較的涼しかったので冷夏かも?

と思っていたのですが、梅雨が明けた途端に右肩上がりに気温は上昇。

8月に入ってからは、35℃以上を連発して、昨年の奈良の最高気温38℃に迫る勢いです。

加えて、50%を超える湿度が体にこたえている人も多いと思います。

高齢の親や、小さなお子さんがおられるご家庭は、特に気を付けてあげて下さい。

母も、この暑さで食欲がなくて困っています。

体調を崩しているわけではありませんが、暑さでぐったりといった感じです。

少しでも過ごしやすくするために、今年もひんやりマットを購入したのですが、思いのほか良いモノでしたのでレビューします。

介護用ではありませんが、ベッドで過ごす時間が長い寝たきりの人にもおすすめです。

 

昨年の冷却ジェルマットの失敗から学んだこと

ただ単に、ひんやり感だけを求めるなら、ホームセンターで売っている格安のモノでいいと思います。

昨年、ネットで購入した冷却ジェルマットも確かにひんやりとはしていましたが、母の背中は汗で思いっきり蒸れていました。

体とマット間の湿気でジメッとすれば、ひんやり感があるのも最初だけ。

しばらくすると汗と湿気で、不快感が高まって寝苦しくなってしまいます。

通気性吸水性吸湿性が重要だということに気付けなかったのが僕の失敗です。

結果的に、昨年の冷却ジェルマットは寝返りが打てない母にとっては不向きでした。

おまけに、今年使おうかと引っ張り出してみれば、ひんやり感すら無くなっている始末です。

この失敗から、今年は蒸れ対策が施されているモノに絞って探していました。

 

一晩過ごしただけで違いが分かる「ドライミングクール敷きパッド」の実力

「ドライミングクール敷きパッド」の最大の売りは、除湿効果の高さです。

アンモニア水に濡らした紙を、この敷きパッドの材料に使われている「シリカゲル」という乾燥剤に埋めること3分。

テレビショッピングで、除湿効果を立証する実験をしていました。

濡れたいたはずの紙が、パリパリに乾いているではありませんか!

紙を破る乾いた音もしっかり聞こえていましたし、アンモニアのどぎつい臭いも消臭されているとのことでしたので、ジャパネットの塚本さんのどや顔が出る前に購入手続きをしていました笑

 

「ドライミングクール敷きパッド」の5つの特徴

テレビショッピングでの内容と、商品購入した際の説明書きを要約しておきます。

ひんやり

表生地は、テイジン開発の「クールセンサー®EX」を採用。

吸湿放湿

中材に使用されている「シリカゲルB型」は吸湿性と放湿性に優れ、寝汗などに生じる湿気を吸収して放出。

消臭

中材に使用されている「シリカゲルB型」は、嫌な臭いを消臭。

消臭効果は汗臭(アンモニア・酢酸)、加齢臭、タバコ臭を約99%減少。

吸水

表生地が寝汗などの水分を素早く吸収・乾燥。

清潔

洗濯ネットに入れて丸洗い可能

 

除湿のからくりは、おかきやクッキーに使われている「シリカゲル」という乾燥剤を繊維状にして練りこんで寝具に使っているのだそうです。

これが、敷パッド全体に使われていて、一晩中どれだけ汗をかいても、どれだけ臭いがあっても除湿消臭し続けます。

 

寝たきりの人にもピッタリ!介護でも使える設計

 

介護されている側、する側にとっても、この商品はうれしい設計になっています。

汗も湿気も除湿!一晩さらっさら

介護用品ではないので、あくまでも僕の感想です。

寝ている間の汗や湿気は、不快感が高まって眠れない原因や褥瘡(じょくそう)にもつながりかねません。

寝たきりの人にとって、蒸れはなんともしがたい天敵です。

母は、一日の2割ほどの時間を車いすで過ごしていますが、いずれにしても背中に熱がこもりやすくクーラーを入れていても汗で蒸れてしまいます。

しかし、「ドライミングクール敷きパッド」導入してからは、ベッド上では蒸れなくなってさらさらです。

下着もパジャマも、べちょべちょにならなくなりました。

この商品のセールスポイント「湿気と汗を吸い取ってすぐに発散する」は、母でも実証されたことになります。

 

洗濯機でジャブジャブ水洗い、丸洗いできる

あと、洗濯機で丸洗いしても型崩れしないというのもグーです。

介護していると、とにかく汚れます。

介護する側・される側にとって、清潔を維持することは重要です。

衛生面もありますが、きれいだとモチベーションも上がります。

乾きも早いようですし、繰り返し洗っても除湿効果は薄れないのはありがたいです。

 

介護ベッドだとシングルサイズがちょうどいい

シングルサイズが、100cm×205cmです。

サイズは3種類から選べますが、介護ベッドだとシングルサイズがちょうどいいと思います。

 

品質表示から読み取れること

この商品の材質の多くを占めるポリエステルやポリエチレンは、速乾性に優れ、耐久性も高いです。

それに軽くて、洗濯がしやすいのが特徴ですが、その反面、化学繊維のため吸水性、吸湿性がなく肌触りも良くありません。

この弱点を解消すべくキルティング加工を施しレーヨンと組み合わせることによって、寝心地をふわっと気持ちいい仕上がりにしています。

ちなみにレーヨンの別名は、人絹(じんけん)です。

絹に似せて作った再生繊維で、しなやかでシルクのような光沢と肌触りがあります。

 

この商品は、愛知県にある篠原化学という会社が、中国で作らせている商品です。

この会社のホームーページをのぞいてみると、オリジナリティ、堅実な経営、社内の風通しの良さが連想できます。

12名の中小企業ながら海外の寝具ブランドの取次をしつつ、自社ブランドの企画・開発に力を入れているといったところでしょうか。

ジャパネットとコラボしようとするなら、商品品質もさながら会社もしっかり審査されていると思いますので、それだけで安心感はあります。

 

まとめ

価格は、シングルサイズで6.980円(税別、送料別)です。

お色はミントブルー、アイスピンクの2色から選べます。

決して安くはありませんが、サラッとして気持ちいい寝心地が得られて、母が喜んでくれるなら安いものです。

ジャパネットさん、良いモノを紹介してくれてありがとうございます!

 

スポンサードリンク







ABOUT US

シンイチ
20年間、犬馬車のように結構まじめに働いてきた40代の元リーマン。 長らく会社勤めと在宅介護で消耗しきって、あえなく2年前に介護離職してしまいました。 介護は、それぞれの御家族にそれぞれの事情があります。 現代の社会問題に、このプログを通じて1人でもお役に立てれば嬉しいです。 長年、在宅介護をしている僕だからこそ、あなたに伝えたいメッセージがあります。